すぴすぴ

アクセスカウンタ

zoom RSS 田代-神楽ヶ峰 ラストポンテレ

<<   作成日時 : 2007/03/18 22:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

かぐらに季節外れのパウダーを喰いに行ってきました。
画像


AM3:30に仕事から帰って雪うさぎMLを見ると、土曜日の日白山はかなりのドライパウだったらしく苗場山には極太板を持ってくるように!と業務命令が入ってました。先週でラストパウだと思ってたのに、今週もオイシイ思いができるのかぁっぁぁ、と朝から興奮しまくりで一気に仕事の疲れが吹き飛びました。出発までに時間があるので、ポンツンを引っ張り出してきてビショップをタルガに付け替え、登る気マンマンの態勢を整えました。

三国トンネル前から突風と降雪が凄かったので田代-かぐら連絡通路が開かないかも、と心配でしたが、こんな特別な日曜日はスキー場も頑張ることを知っている(やればできる子!)。駐車場無料ってのも魅力だしパウの競争率も低いので、一か八か田代から入る。徹夜作戦が功を奏したのかロープウェーは2便目に乗れ、ゲレパウ争いにエントリーできそうな予感。ドキドキ、ウトウトしながらロープウェー山頂駅に到着すると、そこは粉の遊園地であった。吹雪を気にしなければの話し・・・


画像

閉鎖コースの前で皆で座り込みながら待つと、期待に沿うかのように次々とコースが開放されていく。ファット板とかフィッシュ履いた柄の悪いの同士で和やかに話しているのに、コースが開放された途端、敵になる。ツインチップの雪煙は後ろのヤツを撒くためにあるようなもの。。そして閉鎖中のコースにも雪崩れ込む。で、ちょっと雪崩れたり、ギャップでコケた奴の上を構いなしに滑ってくる。もう無法地帯。でもパウも最後だと思うと楽しかったです(←毎回書いてますが)。今日は今シーズンかぐらに来た中で最高のパウダーで、大勢で30分滑ってようやくボコボコになるぐらいの底無し雪。ポンツンでもフェイスショット喰らって困まるほどでした。

画像

パウを喰いながら神楽方面に移動して、10時を過ぎれば何処もズタズタ。我に返り、そういえば今日はアイゼンまで持って来て、苗場山に行くつもりだったと思い出す。10:30、第五リフトは終日動がさない様子なので、ハイク開始。
ポンツンはタルガに替えても登りはやはり最低、まだスパチュラの方がマシっぽい。スリップしまくりなのを気の毒と思ったのか、CWニコルみたいな外人がBDのシールワックスを塗ってくれた。少し助かりました。で、色々苦労があり神楽ヶ峰には12:50到着。稜線に出た途端、北から-15℃の猛吹雪の洗礼を受ける。苗場山なんて見えるワケも無い状態。ついでに山スキーのおじさんに、この時期にあのルートで行くのは無謀だと言われました。待っても晴れないので撤退を決めて、ピットを掘って中でメシにする。

画像

前回と同じコースで帰るのでどうせならトリップメーターでデーターを取ろうと思い、セットして滑走開始。と思ったら滑走開始しません。。トップがズブズブっと底無し沼に入るみたいに刺さって、スラブと一緒にズリ落ちる感じでポンツン履いてても腿まで埋まります。斜度25°で足を上げて下りラッセルが必要のようです。どうやら北風でかなりの雪が田代の谷側に吹き溜まってる様子。入ると永遠下りラッセルになるので、来た道を探して帰りました。たぶん第五脇から入ると雪崩れたでしょう。

結局、来た道も消えてて、吹雪も強くなっているしで、殆ど降りラッセル。いやー疲れました。ゲレンデに戻ると第一高速は終了してて、田代に戻れないため、かぐらからシャトルバスで帰りました。こんな日は素直にゲレパウを楽しむのが一番ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
そういえばS水さんという山MLの方に声をかけて頂きました。タワシでワタシを見つけて下さったようです。寒いですね。。
猛吹雪のなか、中尾根2回目の登り中でしたが、あれからホントに滑りに行ったのでしょうか?兵っぽいので、大丈夫だと思いますが。
su-
2007/03/18 22:35
うわぁ!!いいですねぇ〜。
中国地方はほとんどのゲレンデが営業終了してしまい、ボクも静かにシーズン終了してしまいました。
おまけに転勤も重なり大変なのに、今更雪が降っています。くやしいです。
ヒデ
2007/03/19 00:16
ウハウハな様子。うらやましす。
私はスパチュラにピッケルアイゼン背負ってクロカンしてきました!!いやいや、ラッセルの酷い事ひどいこと・・・。出だしからモモラッセルで、斜度が有ると腰ラッセル。先頭5人ほどでローテーションしても行程の僅か1/3程度。高度は残すところ800m以上!!
下り楽しめた斜面はほんの僅かで(でも滑っている人が見えなくなるくらい深いパウ)、緩いところは下りラッセルでした・・。
何しに行ったのやら判らないツアーだったっす。
関越は激混みだし、こりゃ乗鞍が正解でしたね・・。
四ツ岳は最高だったろうなあ・・・。
ま、それなりに楽しめたけど!
勿論あのルート入った人は他に無し。
神楽からのほうがこの時期でも正解。
kool
2007/03/19 00:40
神楽にいましたかー。そちらが正解。
裏は深すぎでもうラッセル祭りだワッショイ!です。
>Kool旦那
スパチュラクロカンという新しいスポーツの開拓、お疲れ様でした…。
さる。
2007/03/19 12:55
>ヒデさん
こちらは一部だけですが、少し盛り返しました。山に入る連中はGWまではなんとか滑れると思ってますよ。地温も上がってるし、日も長いのでゲレンデは終了間近です。転勤ですか?雪が多いところに転勤できればイイですね。来シーズンのポン太の活躍に期待します。
su-
2007/03/19 16:21
>koolさん
スパチュラクロカン、関越渋滞お疲れ様でした。やはり登頂ならずでしたか、秋山郷側も酷かったこととお察しします。
こちらは午前中はウハウハでした。逆ベント板に雪が乗るくらい深いと大変ですね、改めてシビアな板だというのを認識しました。今度はかぐらから行きましょう、ゲレ練組とBC組と苗場組で。金がかかるのはネックですが。
su-
2007/03/19 16:46
>さるさん
ラッセル祭り参加できなくて残念です。
土曜の方が良かったみたいですね。板残念、でも少しの雪でフェイスショットできるのは羨ましい。軽快なのも春雪には良さそうですね。
su-
2007/03/19 16:49
四ツ岳は晴天パウダーでした。
ようやく明日には記事アップ出来そうです・・・。
HOKUTEN
2007/03/20 00:36
ゲレパウ良いですね。
山はどこも大変そうで・・・・。
今回は知人が二人谷川で死にそうな目に遇っていますし(でも21日芝倉行ってみますよ。リベン時どうですか。勿論天候次第)。

馴れないラッセルは楽しいものではありませんが、地元ではなかなかできるものでもないので、あれこれ研究してラッセル技を2・3習得してきました。
たーにゃん
2007/03/20 00:38
>HOKUTENさん
携帯写真みましたよ、アレは頂上カールの谷ですか気持ち良さそうですね。また四ツ岳行きたいです。レポ楽しみ。

>たーにゃんさん
水曜は最高のコンディションでしょうね、滅茶苦茶行きたいんですが、祭日はいつも仕事なので行けそうにないです。
日曜は確かにパウでしたが帰り道、三国トンネル過ぎて谷川の方が軽かったです。ゲレパウだけなら谷川でヨカッタですね、そろそろ競争率も低くなってそうなので。まだリベンジする気はあるので、もし行ったら状況教えて頂けませんか?最近のBC初心者の芝倉報告で林道歩き2時間ってのを見ましたが。。

ラッセル技、今度見せてください!私も今回1つ収得しましたよ。従来のオイラン歩きに+αする技。逆ベントにしか使えませんが、かなり楽です。
su-
2007/03/20 03:25
芝倉沢やはり大当たりでした。
一ノ倉までポケロケとボレーアイゼンで登りきり、ピットを掘るも弱層見られずの新雪80cm。
(といっても先週末知人のK氏がマチガ沢でひどい目にあっているので注意)
芝倉沢上部ではノートラックパウダーがどこまでも続き、中間部のデブリも、例年と比べたらどうということもなく、下部は湯檜曽川沿いに例年通りのコースで滑リ切ることが出来ました。
途中、板を脱いだのは1分位でしょうか。
このまま降らないと、下部は今週末に色々出てくるかもしれませんが(湯檜曽川沿いは、やはり雪が少なく感じましたので)。
たーにゃん
2007/03/21 22:30
マジですか。永遠と続く80パウ、最高でしたね。羨ましすぎます。ひどい目というのは雪崩だったんでしょうか。リスクが高いので2人くらいで行きたいんですが相棒もみあたりません。ご存知だと思いますが、群馬の人ってわりと谷川に寄り付かないので。。

日曜は谷川じゃ雨だろうし、次のタイミングとなると林道の雪は壊滅でしょう。土曜はまた夜勤明け、軽くしか行けないしなぁ。なんでこんな日に仕事なんでしょ〜か。
su-
2007/03/22 05:26
あそこは馴れれば楽な半日コース、馴れないと・又は状況が悪いと非常に疲れる1日コース・・・という不思議な場所です。

今回ツボ足の人(私以外全員)は落とし穴だらけで大変だったようですが、昨日の状況からしばらく雪崩リスクは低いままだと思います。何と言っても雪の量が少ないので・・・。

下部はあと10日は湯檜曽川沿いまで降りるのが良いと思います。徐々に川原のゴロタ歩きが加わってくると思いますが、上の林道歩きよりずっと楽だと思います。

それから知人のひどい目というのは雪崩です
以下山スキーMLより抜粋(少し下で友人を待っているときだった。後ろから雪崩が友人に向かって落ちてきた。逃げろ 逃げろ 大声で叫ぶ。間一髪逃れて、私が待っていた安全地帯の上に滑り込んできた。すると彼にカットされたところから私を含めた雪面が動き出した。やられた。逃げられるか。スキーを下に向けて雪崩とともに滑った。スピードに耐えられなくなり板が外れ倒れて転がり雪がかかってく
るのを覚悟した。)・・・というようなお話です。来週泊り仕事で一緒になるので色々聞いてみるつもりです。
たーにゃん
2007/03/22 22:22
>たーにゃんさん

ありがとうございます。
状況によっては、ずっとスキーで行けることもあるんですね。その知人の話、下手な小説より臨場感がありあますね。あんな奥地で雪崩に遭いたくないものです。
あと10日くらいですか、今週は鍋倉か芝倉か凄く迷ってます。雨だとどちらもテンション上がらないですね。
su-
2007/03/23 10:51
日曜日、私も同様に迷っています。
天気図眺めて唸ってばかりです。
21日はこんな状態でした。
http://www.geocities.jp/yukiunagiinu/07sibakura/0000.html
たーにゃん
2007/03/23 15:06
おぉぉ!見入ってしまいました。
ファットなのに腰から下皆真っ白とは、そうとう戯れたみたいですね。芝倉沢の天気だけは悪かったみたいですが、こんな好条件はそう無い筈。羨ましいなぁ。

明日、夜勤明けに行こうと思ってたのですが、少し天気が前倒しになってきて、迷いが増すばかり。悩みます。
su-
2007/03/23 17:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
田代-神楽ヶ峰 ラストポンテレ すぴすぴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる