すぴすぴ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2/3 田代〜中尾根ポンテレ

<<   作成日時 : 2007/02/04 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

雲ひとつ無い青空の下、神楽ヶ峰に行ってきました。結論から言うと今シーズン最高の一日でした。ポンツン3回目にしてやっと喜びを得ることが出来ました〜。

9:30 田代ゴンドラ降り場
10:35 かぐら第一高速降り場
10:50 ハイク開始
11:25 第五ロマ降り場
11:55 神楽ヶ峰(手前)
13:00 中尾根滑走P(昼食) 
13:25 滑走開始
13:40 和田小屋
14:30 田代ゴンドラ降り場

画像

気温は一応マイナスですが日差しが強い一日でした。貫徹には眩しすぎます。

画像

昨夜作ったシールを試します。蝶ネジで密着。

画像

ハイク開始。ゴールドラベル塗り足したせいもありますが、シールは完璧でした。密着させているので隙間から雪が入る余地がありません。それにトップが広いため注意してても普通はリングを引っ掛けますが、ネジ止めなのでその可能性ナシです。

画像

第五ロマ下、思ったほど埋まってません。

画像

赤=ハイクライン、点線は斜度に応じて。ちなみにこの斜度なら左の2本を使用。ポン様の場合登りも深雪が好きなようです。平地ならトレース利用可能ですが、斜度があるとトレース使えません。。ワガママです。

画像

トップを壁に刺す歩き方。トレース歩きで少し楽かも。普通の板でシール無しの時はテールのアウトエッジを横に刺すと少し楽なのがヒント。歩くだけで股関節が悲鳴を上げるのに、この歩きはムリがあるか。

画像

そんなこと考えながら峰を目指します。

画像

平標はじめ谷川真っ白け、今日は谷川でも良かったか。隣の山が羨ましいのはいつものこと。

画像

苗場山が綺麗に見えたからここでハイク終わり。

画像

よく見たらシール外せないようです。普通の板ならシール外してトラバース気味に尾根を越えるところですけど。しかし少しでも滑りを楽しむためにシールを外しました。勢いつけるまでもなく、勢いついて1ターン目。すこぶる調子が良い!2ターン目・・は有りませんでした。もう登りたくないので絶対標高落とせません。

画像

中尾根までは秘密のシールを使います。結果はまだ秘密です。

画像

尾根上でメシ。

画像

13:25ぼちぼち滑走開始。

画像

オープンバーンは既にズタズタ。でも頭ん中で画像処理してシュプールを消します、小薮消すみたいに。で飛び込む!飛び込んだ瞬間からトップスピード並のスプレー音が鳴り響く。
さいこ〜、サイコー、最高!
つまり3ターンで終わりでした。でも満足度は明らかにテレマーク以上。やっぱりポンツン最高ですね!(←この言葉を書くまで、長い道のりでした)

画像

で、谷のあたり。シュプール密集しすぎてコース化。後のチンタラ薮こぎは萎え。

画像

帰りはトラバって、田代の谷脇を頂く。テレマーカーが入らないと誰も付いてこないのでノートラックが残ってました。午後からは日差しが強くて3月並の雪の悪さです。帰りは田代ゲレンデを苦行。ポンツン最低です。(←何度も書いたような気がします)今日は重量モノの歩き&滑りで股関節が悲鳴を上げました。続けたら体壊します。

今回のポンテレ反省。
@長板の逆ベンドは大回りが似合う。並ベンド以上に。今まで短いスパチュラのように扱おうとして小中回り重視でしたが、それが失敗の原因だったと思われます。それと安定させるにはスピードが必要。
A深雪で減速したりラインを探るときはプルークでテールを雪面入れる滑りが有効。以前ブログで乗っけたシェーンの滑りにヒントを得ました。しかし、これをやった跡は有り得ないぐらい汚いシュプールらしいです。
Bテレマークターン必要ナシに変わりありませんが、深雪ターン時に外足が窮屈になったときに軽く曲げれるのはイイかなと思いました。荒らされた深雪を滑る時やリカバリ時はやはり踵を固定したい。
CBINはやっぱりビショップ必要ナシです。ケーブルタイプに戻そうと思ってますが、板が重いし、よく跳ねるので横方向の正確性は欲しいところ。コブラにしようと検討中ですが、面で押さえたい時に弱い踵角度があるので悩む。
Dそして相変わらず登り、トレース、ゲレンデは最低。

滑走動画と秘密のシールについてはまた後日。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2/3 田代〜中尾根ポンテレ すぴすぴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる